スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)

 全国福祉用具専門相談員協会は3月23日、福祉用具を貸し出した後に利用状況や変化などを記録するための自主基準「訪問確認書(モニタリングシート)」を開発したと発表した。4月15日から専用シートの試行版を、同会のホームページからダウンロードできるようになる。

 訪問確認書は、ケアマネジャーなどが福祉用具の個別援助計画を作成するための標準様式と併せて活用する自主基準。「福祉用具個別援助計画書」は同会が昨年に発表済みで、訪問確認書は計画書の達成度合いや内容の検証に役立つほか、利用者の新たなニーズの把握などにもつながるとしている。

 訪問時に確認するチェック項目は、「身体状況・生活状況の変化」「利用者の気持ちの変化」「使用中に困ったこと」「満足度」「利用者・家族の希望」「目標達成度」など。

 福祉用具サービスには、個別援助計画の作成は義務付けられていない。訪問確認書の開発責任者で大阪市立大学大学院の白澤政和教授は「福祉用具サービスも義務化が必要だと感じるが、まずは地方自治体へ自主基準の有用性を訴えて普及を目指し、将来的には義務化の実現も視野に入れたい」とした。


【関連記事】
3月に初の福祉用具専門相談員の実力テスト
介護ベッドで転倒事故-消費者庁が改修呼び掛け
福祉用具レンタル、個別援助計画の導入を
福祉用具貸与事業者の選定で情報公表制度の活用を
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会

無罪判決後のブログ掲載は名誉侵害 大阪地裁判決(産経新聞)
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」(産経新聞)
元社保庁職員に逆転無罪=共産党機関紙配布-東京高裁(時事通信)
<しばたはつみさん>死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(産経新聞)
スポンサーサイト

結果次第で見直し?6月までに子ども手当試算(読売新聞)

 菅財務相は23日の閣議後の記者会見で、政府が6月までに行う2011~13年度の歳出と歳入の見通しを示す「中期財政フレーム」の取りまとめにあたり、子ども手当の支給額や財源などを試算する考えを示した。

 菅財務相は「マニフェスト(政権公約)通りに実行すればどのぐらいの費用がかかるか、逆にそれが難しいとなった時に、例えばどのぐらいであれば税との関係がどうなるかなどを想定して試算する」と語った。

 民主党は10年度は月1万3000円を支給する子ども手当について、11年度からは月2万6000円に引き上げると公約している。満額支給には約2兆5000億円の新たな財源が必要になることから、試算の結果によっては見直し論議につながる可能性がある。

今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)
岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)
阿久根市長の議会出席拒否を批判…総務副大臣(読売新聞)
【こども】小学生にも「薬物教育」(産経新聞)
<信楽透器>電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)

「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝-中井公安委員長(時事通信)

 中井洽国家公安委員長は25日の記者会見で、交際女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたなどと報じた週刊誌記事について、「女性とは6年ぐらいのお付き合いで、週に1回掃除に来てもらっている」と説明した。
 中井氏は同日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面会。「私事でお騒がせします」と陳謝し、長官からは「十分気を付けてください」と言われたという。面会後、記者団から「辞任する考えは」と聞かれ、「どうしてですか。全然ない」と否定した。 

岡田外相が20日に大地震被害のハイチを訪問へ(産経新聞)
進退協議「申し上げることない」小林千議員(読売新聞)
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢(産経新聞)
元工場長ら不起訴=2人死傷の化学工場爆発-横浜地検(時事通信)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)

3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続-首都・阪神高速(時事通信)

 首都高速道路会社と阪神高速道路会社は23日、ETC(自動料金収受システム)搭載車を対象に実施している平日昼間の料金割引制度を3月末で終了すると発表した。平日夜間(午後10時から翌日午前6時まで)の20%割引と、土日祝日(首都高速は日祝日)の最大約30%割引は継続する。
 平日昼間割引は、渋滞解消を目的に国土交通省の社会実験として行われていた。両社は割引終了の理由について、「渋滞解消効果が薄れてきたと判断したため」と説明している。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も

駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)
自民支援見送りを正式決定=参院比例代表-農政連(時事通信)
広末涼子さん、幼稚園に行く途中で接触事故(産経新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
公務員専門校生「知的な感じしない」阿久根市長(読売新聞)

目薬の使用法、大半が間違い(産経新聞)

 大手製薬会社、ファイザー(東京都渋谷区)の調査で、大多数の人が目薬を誤って使用している実態が明らかになった。

 同社は2月、病院で複数の目薬を処方されたことのある40~60代の男女1200人にネットで調査。その結果、目薬を一度にさすのは1滴が66.5%で正しい用法が多数を占める一方、2滴以上が33.5%に上った。2滴以上と答えた人の79.4%が「正しく点眼している」と回答した。

 点眼後の行動として、「目をパチパチさせる」「しばらく見開いたまま」など適切でない人が94.2%。「しばらく目頭を押さえながら目を閉じる」という正解は、わずか5.8%にとどまった。また複数点眼の際、5分以上の間を空けない人は37.2%だった。

 調査結果について岐阜大大学院の山本哲也教授(眼科学)は「2滴以上なら効果が大きいというのは誤解。点眼後はまぶたを閉じ、鼻などに流れないよう目頭を軽く押さえて。複数点眼時は、最初の薬を吸収させるため5分以上空けてほしい」と指摘している。

【関連記事】
パソコン、エアコンが大敵 ドライアイにご注意
漫画家・一条ゆかりさん、年に一度の眼科検診呼びかけ
小栗旬、泣きまくり20回「だいたい目薬」
久光「湿布」参天「目薬」ツムラ「漢方」追随許さぬ“得意分野”で脚光
花粉対策、予防へシフト 女性に照準、商品細分化 

原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断-和歌山地検(時事通信)
支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り-北海道(時事通信)
カート事故でカメラマン書類送検へ=石川遼取材のTBS下請け会社-高知県警(時事通信)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」(J-CASTニュース)

政府・民主、首脳会議定例化を確認(読売新聞)

 鳩山首相や民主党の小沢幹事長らがメンバーの「政府・民主党首脳会議」が17日、首相官邸で開かれた。

 同会議の週1回の定例開催や、首相を議長とする「政権公約会議」を設け、参院選の公約作りに本格着手する方針などを確認した。

 首相は「参院選に向けて団結して取り組もう」と呼びかけ、企業・団体献金の禁止を柱とする政治資金規正法改正に関して、「できるだけ早くやるように」と党側に指示した。小沢氏は「参院選の候補者の擁立は今月中に終える」と報告。2010年度予算成立後の後半国会で、「国家戦略局」設置を柱とする政治主導確立法案の早期成立を目指すことも確認した。

 昨年10月発足の同会議は今回で5回目。これまでも定例化を目指したが、小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡る事件の影響などで実現しなかった。今後、毎週水曜日に開く予定だ。

 定例化には、首相が党運営を掌握していると印象づける狙いもある。首相は16日、「自分の意思をもっと前面に出すことが求められている」と語っており、発信力を強め、内閣支持率下落を食い止めたい考えだ。

 一方で、定例化は党側の政策決定への影響力を増す可能性がある。17日の会議では山岡賢次国会対策委員長が政府提出の農林水産省設置法改正案に関し、「提出前の党側の意見聴取が不十分」と、法案の出し直しを求めた。小沢氏も最近、周囲に「首相官邸が機能していない」と不満を示したという。今後、テーマになる見通しの米軍普天間飛行場の移設問題でも、「基地問題の決着を図るのは小沢氏」と期待する声があり、政府側には警戒感もある。

 さらに、政府・与党間の他の会議との位置づけの明確化も必要になりそうだ。与党3党の党首級による基本政策閣僚委員会、与党3党の幹事長らを加えた政府連立与党首脳会議があるからで、「各会議の責任をはっきりさせるべきだ」との声が出ている。

北教組逆ギレ?国会追及の議員を呼び捨て批判 日高支部内で文書配布(産経新聞)
<火災>倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明(毎日新聞)
雑記帳 刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取-国分寺市路上遺棄の男性・警視庁(時事通信)

<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)

 すしや刺し身の高級ネタとして人気のクロマグロ(本マグロ)が、13日から開かれるワシントン条約締約国会議で国際取引が禁止される恐れが出てきた。一方、日本国内ではクロマグロの完全養殖化が進む。安定供給と種の保護の両立に、マグロ養殖は切り札となるのか。【小島正美】

 ■苦節35年 クロマグロの完全養殖で世界の先頭を走るのは近畿大の水産研究所。本州最南端にある研究所の大島実験場(和歌山県串本町)を訪れた。船で約10分、沖へ進むと円形のいけす(直径約30メートル、深さ約10メートル)が見えてきた。全部で11基。実験場長の澤田好史・同大大学院教授が生サバを放り込むと、体長1.5メートル前後のマグロが急浮上し、あっという間にのみ込んだ。どれも、いけす生まれの親から生まれた完全養殖マグロ。100キロを超すものもいる。「冬は脂がのっておいしいよ」と澤田教授。

 研究所がマグロ養殖を始めたのは1970年。海で取れた体長約20~30センチのヨコワと呼ばれる子マグロを飼い始めたが、約20年間は失敗の連続。共食い防止にマダイの稚魚を与えたり、常夜灯をつけて激突死を防ぐなど技術を向上させ、02年に世界初の完全養殖に成功した。

 04年から「近大マグロ」のブランドで出荷され、07年からは養殖業者にヨコワを販売。仕入れた愛媛、熊本などの養殖業者は今年、マグロを出荷し始めた。昨年のヨコワ生産は約4万匹で、同大理事の熊井英水教授は「日本の海で捕獲されるヨコワの約10分の1に当たる。量産の研究を重ねれば、天然のヨコワに頼らなくても済むようになる」と語る。

 企業でも、マルハニチロが87年から奄美諸島で養殖に取り組む。昨夏、いけす育ちのマグロが卵を産むまでになり、3年後から出荷予定。えさは生のイワシなどだが、「魚粉や栄養剤を混ぜた配合飼料で育てるメドも立った」(同社広報IR部)と飼育技術は着実に進んでいる。

 ■年4万トン消費 日本は国内で消費するクロマグロ約4万3000トン(08年)のうち、約2万トンを大西洋クロマグロに頼る(水産庁統計)。13日からカタールで開かれるワシントン条約締約国会議で、大西洋クロマグロが「絶滅の恐れのある動植物」に指定されると、発効後に日本国内の供給量は半減する。

 太平洋クロマグロやミナミマグロ(インドマグロ)の取引は続き、国内に約2万トンの在庫もあるため、すぐには高騰しないとみられるが、長期的な安定供給に養殖への期待が高まる。

 完全養殖マグロは既に、すし店やスーパーで販売され、関西の「スーパーサンエー」では中トロのさくで100グラム当たり980円。天然マグロより高めかほぼ同じだ。

 課題は子マグロの価格。ふ化した稚魚が5~6センチに成長するまでの生存率は1割程度と低く、1匹5000~7000円程度。小野征一郎・近大農学部教授(水産経済学)は「1匹5000円程度で安定供給されれば、消費者が手ごろな値段で食べられるのも夢ではない。日本の技術が世界をリードする局面に来ている」と話す。

【関連ニュース】
クロマグロ取引禁止:日本は「留保」主張へ 農水政務官
クロマグロ:EUが禁輸支持 日本、一層苦しく
EU:加盟国の大半がクロマグロ取引禁止を支持
クロマグロ:国際取引禁止提案を引き続き支持…米内務省
山田副農相:大西洋クロマグロ禁輸 反対姿勢強調

再生機構、ウィルコム支援を決定=日航に次ぎ2例目(時事通信)
民主 国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
「生臭み」の原因は「におい」 ワインと魚介料理の組み合わせでメルシャンが特定(産経新聞)
モノレールのトンネル内、はねられ?男性死亡(読売新聞)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)

衆院選1票の格差は「違憲状態」、高裁那覇支部も(読売新聞)

 昨年8月の衆院選小選挙区について、議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍に達したのは違憲だとして、那覇市の弁護士が沖縄県選挙管理委員会に選挙無効を求めた訴訟の判決が9日、福岡高裁那覇支部であった。

 河辺義典裁判長は「違憲状態」と判断した。選挙無効の請求は棄却した。

 この衆院選を巡っては、1票の格差について、大阪、広島両高裁が「違憲」、東京高裁が「違憲状態」と判断しており、今判決で格差是正を求める動きがさらに加速しそうだ。

 小選挙区(300議席)は、各都道府県に1議席ずつを配分したうえで、残りを人口比に応じて割り振る「1人別枠方式」を採用。人口の少ない県に人口比以上の定数が配分されるため、議員1人当たりの有権者数に格差が生じている。

 この衆院選では、当日有権者が最少だった高知3区と最多だった千葉4区の格差は2・30倍に達した。高知3区と沖縄1区の格差は1・21倍だった。

 河辺裁判長は「1人別枠方式を採用した区割り規定は、合理性を有すると考えられないほどの投票価値の不平等を内在している。衆院選は全体として違憲状態にある」と指摘した。

<日本音コン>優勝者が東京で発表演奏会(毎日新聞)
府民の会、教育長に国旗の常時掲揚を要望(産経新聞)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
六ケ所村 高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)
平野官房長官インタビュー☆3(時事通信)

桜 高知で開花 平年より13日早く(毎日新聞)

 気象庁は10日、高知市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。沖縄・奄美地方を除き、今年初めての開花。平年より13日早く、昨年より6日早い。【福永方人】

【特集】日本各地のさくら情報

【関連ニュース】
【写真で見る】各地のさくら便り
【昨年もきれいでした】各地のさくらの写真を集めました
【写真特集】写真で見る花見今昔
【写真特集】春の草花がたくさん 毎日植物園

就職内定率9割 東大阪・たまがわ高等支援学校(産経新聞)
<ニイウスコー粉飾>日本IBMを強制調査 証取監視委(毎日新聞)
漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)
トランス社社長ら再逮捕=金商法違反容疑で警視庁(時事通信)
生き埋め 工事中1人死亡 岐阜・各務原 (毎日新聞)

貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)

 亀井静香金融担当相は5日の閣議後の記者会見で、改正貸金業法を予定通り6月までに完全施行することを改めて表明した。その上で、「メガバンクがダミー(の貸金業者)を使って荒稼ぎをしてきた」と指摘。「(完全施行で)困ると言うなら、小口・緊急な庶民のニーズにメガバンク自身がどう対応していくのか対案を出さないと駄目だ」と述べた。 

社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
JR東海道線 尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
来年度から個所付け事前公表=菅財務相(時事通信)
<金子みすゞ>没後80年で墓前祭(毎日新聞)
阿久根市長、議会出席を拒否=「マスコミへのお仕置き」と-鹿児島(時事通信)

与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求…新党結成も視野(読売新聞)

 自民党の与謝野馨・元財務相が、10日発売の月刊誌「文芸春秋」4月号に寄稿した論文で、谷垣総裁のままでは今夏の参院選を戦えないとして辞任を要求し、実現しなければ新党結成も視野に行動する考えを表明していることが、6日わかった。

 与謝野氏は同日、都内で記者団に、すぐには行動せず、当面は執行部の対応を見極める姿勢を示したが、党総裁選に出た経験を持つ有力者の与謝野氏が、谷垣氏の辞任が望ましいとする意向を明確にしたことで、党内の「谷垣降ろし」の動きを誘発する可能性もある。

 与謝野氏は論文で、「この半年間、本気で鳩山政権を倒そうという気概が見えなかった」と執行部を批判。そのうえで、「谷垣総裁では党の再生はおぼつかない。このままでは夏の参院選も戦えない」として、谷垣氏の辞任を求めている。

 また、「現執行部を刷新して新生自民党で出直す道もある。それがだめなら新党を含め新しい道を歩む決断をせざるを得ない」とし、執行部が交代しない場合、離党して新党結成に踏み切る可能性にも言及している。

自殺対策でキャンペーン=福島担当相(時事通信)
<ツイッター>国会議員のつぶやき「増殖」 大臣遅刻も中継(毎日新聞)
火災 早朝、福岡名所の博多川端商店街で10店舗焼く(毎日新聞)
徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
首相「政治とカネ、今後も説明」…参院予算委(読売新聞)

老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑(産経新聞)

 キャバレー店内で売春をする場所を提供したとして、神奈川県警生活保安課と栄署は3日夜、売春防止法違反(場所提供)の疑いで、横浜市港南区上大岡西のキャバレー「上大岡ロンドンA館」店長の森友典(51)=川崎市川崎区=と従業員の新福広美(44)=同=の両容疑者を現行犯逮捕した。県警によると、森容疑者は「ホステスがしていたサービスは全く知らない」と否認。新福容疑者は「売春していることは知っていた」と認めているという。

 県警の調べによると、2人は3日午後8時40分ごろ、ホステス(27)が男性客(22)と売春行為をする場所を提供した疑いが持たれている。

 キャバレー「ロンドン」は、全国展開している老舗で、県内には6店舗ある。ミニスカートの女性たちがラインダンスを踊るテレビコマーシャルも放映していた。

 「上大岡ロンドンA館」は約70平方メートルで、7つのボックス席がある。店内は暗いが、ついたてなどはないため、ほかの客からも売春行為が見えるような状態だったという。県警は昨年11月に「店内で売春している」という客からの情報を元に捜査を進めていた。27~57歳のホステス8人がおり、昨年4月に働き始めたというホステスは「入店したころはやっていなかった。半年ぐらい前からやるようになった」と話しているという。

 入場料が2千~3千円で、サービス料を取って性的サービスや売春を行っていたとみられる。客は1日平均5人程度で、1カ月約300万円の売り上げがあったという。

【関連記事】
違法風俗店の巧みな営業戦略 1万7000人分“好み”を徹底管理
高級ホテルのスイートで乱交パーティー開催 売春防止法違反容疑で元俳優を逮捕
「援デリ」大学生ら逮捕 少女に売春させた疑い
借金のカタにソープ紹介 職業安定法違反容疑などで男5人逮捕
客引き130人!一斉取り締まり 東京の上野・湯島地区
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

皇太子さま、6日からアフリカご訪問「以前から親しみを持ってきました」(産経新聞)
高校無償化法案が審議入りへ=民主のマニフェスト施策-衆院(時事通信)
雑記帳 ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)
<潮干狩り>GWなら前半 気象庁がお勧め期間発表(毎日新聞)

<大麻吸引>中学生4人を児相に通告 大阪(毎日新聞)

 大阪府警は4日、自宅に大麻を隠し持っていたとして、大阪府和泉市今福町2の塗装工、池野啓太容疑者(20)ら16~20歳の男4人を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕したと発表した。少年課によると、池野容疑者らの誘いで同市立中2年の男女4人も一緒に大麻を吸っており、府警は女子生徒2人を大麻吸引の非行事実で児童相談所に通告。他の2人も近く、通告する。

 女子生徒から大麻吸引を告白された母親が府警に通報。中学生4人は「嫌だったが、その場のノリで吸ってしまった。警察に見つかり、やめられる。中毒にならずに済むのでよかった」と話しているという。

 非行事実は昨年12月~今年1月、市内の無職少年(16)宅で5回、大麻を吸った▽池野容疑者らの容疑は今年1~2月、自宅に大麻0.676~3.383グラムを所持していた、としている。【渋江千春】

【関連ニュース】
大麻事件:摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
大麻所持:ミュージシャンを容疑で逮捕--神奈川県警
特集ワイド:それでも大麻、吸いますか? 「たばこより無害」の大きな誤り(3/3ページ)
キャンパスアンケート:大麻入手可能が過半数 でも大部分が吸いたくない

<厚労省>医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人(毎日新聞)
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否(産経新聞)
夜間対応型訪問介護、認知度アップや人材確保が課題(医療介護CBニュース)
<読書感想画コンクール>「良い本読む機会に」東京で表彰式(毎日新聞)
首相動静(2月25日)(時事通信)

花咲港で建物に浸水=北海道根室市(時事通信)

 北海道根室市の漁業関係者によると、28日午後、同市の花咲港で海水が岸壁を越え、建物に浸水した。 

定員最多の阪大は7265人 国立大2次試験、教育・看護が人気(産経新聞)
折尾簡易裁判所
介護政策で首相に提言=公明(時事通信)
タン
「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて(産経新聞)

<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)

 徳島市を中心に路線バスを運行している徳島バス(徳島市)は23日、高速道路料金の割引で高速バス事業が大きく減収し、路線バスへの赤字補てんが厳しくなったとして、徳島県内の2路線を9月末で廃止すると発表した。神戸、奈良行きの高速バス2路線も3月末で休止する。

 廃止するのはJR徳島駅前と同県松茂町を1日16~19往復する路線と、徳島駅前や同県板野町を通り1日21~26往復する路線。

 徳島バスによると、上限1000円とする高速道路料金割引が始まった昨春以降、高速バス利用者が減少。大阪や神戸への乗客が約17%、奈良は約26%も減った。09年度の高速バス事業は約3億円の減収の見通しで、路線バスの年間2億円の赤字補てんが困難になった。貸し切りバス事業でも台数を1割減らす方針。【井上卓也】

【関連ニュース】
首都圏・雪:首都高新都心線で一時通行止め
東名高速:トラック3台が事故…1人死亡 静岡
山陽道:停車中のパトカーにトラック追突、警官重傷 岡山
交通事故:米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷
宇高航路:3月廃止 100年の歴史に幕

関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求-東京地裁(時事通信)
<夕張市>カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
地上へ一筋の光 ISSからシャトル帰還を撮影(産経新聞)
遅咲き鈴木、夢舞台舞う バンクーバー五輪(産経新聞)

避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は28日午後、チリ中部沿岸で発生した巨大地震を受け、「太平洋沿岸部にお住まいの皆さんには、沿岸部に絶対近づかないよう呼び掛けている。それを守っていただきたいと国民にお願いしたい。油断大敵で、(避難に)万全を期していただきたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真ニュース〕青森、岩手、宮城に大津波警報=気象庁
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕ハイチ大地震

上場株のインサイダーで逮捕=相場操縦事件の会社役員ら-大阪地検(時事通信)
<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)
羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)
雑記帳 「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
プロフィール

ほりかわひではるさん

Author:ほりかわひではるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。