スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規制緩和で「成長産業化」狙う-民主党・医療機器作業チーム(医療介護CBニュース)

 民主党の「適切な医療費を考える議員連盟」(櫻井充会長)の医療機器ワーキングチームが週内にもまとめる提言は、医療機器分野を成長産業にする手だてとしての規制緩和策が柱になる見通しだ。同ワーキングチームは4月初めから、医療機器メーカーや厚生労働省などからヒアリングを続け、議論を重ねてきた。23日に医療側の意見を聞き、最終提言をまとめる。

 20日の会合では、医療機器メーカーの業界団体を招き、意見交換した。日本医療機器産業連合会の荻野和郎会長は、「企業の研究開発投資とリターンがうまくかみ合う仕組みを構築していかないといけない」と指摘し、医療機器産業が成長するための課題として、▽医療機器の特性を踏まえた薬事法の見直し▽企業の自己責任を重視した欧州の仕組み(CEマーク方式)導入の検討▽日本の医療・介護を国民視点から総合的に企画・設計する研究機関(シンクタンク)の設立―などを挙げた。 
 同じく業界代表として日本医療機器工業会の松本謙一理事長は、「中小の医療機器メーカーには薬事申請の費用が負担になっている」と述べ、世界で初めて血管内で吸収される生体吸収性ステントを開発した日本メーカーが、国内での薬事申請や審査承認が煩雑であることから、ドイツに現地法人を設立して欧州のCEマークを取得した例などを紹介した。松本理事長は、医療機器産業の成長促進には中小企業の海外進出支援も課題だとした。 
 会合後に記者会見した同ワーキングチームの柚木道義座長は、「規制緩和は、医療機器認可の仕組みの迅速化や柔軟化など。医療機器を成長産業化し、輸出で外貨を稼ぎ、相乗効果で内需を拡大し、雇用の受け皿にする。単純な税金や保険料引き上げによらない医療再生への財源を調達していく」と述べた。


【関連記事】
製薬・医療機器業界からヒアリング―国民の医療を考える議連が初会合
「医療機器は成長産業」-民主議連作業チームが初会合
未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議
医療費増を目指す民主議連が発足-「診療報酬の大幅アップを」
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会

普天間移設で首相「必ず五月晴れにしないと」(読売新聞)
<TOSHI>自己啓発セミナーの実情を知って 2時間にわたり訴える (毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)
「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)
スポンサーサイト

車中に覚せい剤もバレバレ言い訳「警察犬が置いた」(スポーツ報知)

 警察官の職務質問から車で逃走して事故を起こし、警視庁中央署に逮捕されていた男が、覚せい剤を隠し持っていたとして再逮捕されたことが20日、同署への取材で分かった。警察犬を使った車内の捜索で、袋に入った覚せい剤0・2グラムが見つかったものだが、男は「警察犬が(クスリを)置いた」と容疑を否認しているという。

 中央署によると、この男は千葉県市川市の廃品回収業、石田宏明容疑者(44)。発端は、8日夜8時前のことだった。中央区の路上で、ほぼ全面スモーク張りの上、中にこわもて男が乗る怪しげな車を警察官が発見、職務質問をかけようとした。

 ところが車内の石田容疑者は車を発進させ逃走した。走ること約5キロ。人身事故2件と観光バスにぶつかる物損事故1件を引き起こした末、車を捨てて逃げ、約1時間後に逮捕された。自動車運転過失傷害容疑などだった。

 その後の尿検査で覚せい剤反応が出たため、19日に警視庁鑑識課所属の警察犬2頭が出動。あらためて車内捜索が行ったところ、「ファーブル号」が、運転席下の移動レール付近に押し込まれたビニール袋入り覚せい剤0・2グラムを見つけた。

 男は逮捕時も当初、「車なんか運転してない」と供述。バレバレの言い逃れをするのが、習性のようで、同署では覚せい剤使用についても、捜査を進めている。

 【関連記事】
大麻所持のミュージシャンに懲役1年求刑

恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
堺市議5人も“橋下新党”へ(産経新聞)
タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
午前0時の販売に長蛇の列 村上春樹さんの「1Q84 BOOK3」(産経新聞)

寒い4月まだ続く?寒気23日ごろ再び南下も(読売新聞)

 17日の関東地方や東北地方は、最高気温が東京都心で平年より7・2度下回る11・5度となるなど、雪がほぼやんだ午後になっても、2~3月並みの寒さとなった。

 気象庁によると、同日の最高気温は、東京のほか、盛岡でも平年より9・0度低い5・4度、福島でも平年より11・9度低い5・5度などとなった。

 気温は全国的に高気圧に覆われる18日から、徐々に平年並みへと回復するが、23日頃からは、再び西日本を中心に寒気が南下する恐れがある。同庁は、「雪に見舞われる可能性は低いが、季節外れの冷え込みで農作物の生育に影響が出る恐れがある」としている。都心や横浜市、宇都宮市などで17日午前に降った雪は、1969年に観測して以来、最も遅い降雪記録に並んでいる。

<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」(産経新聞)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も-旭川商工会議所(時事通信)
がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)

突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)

 深いスギ林の中で湾曲した巨木に出くわした。あたりを見渡すと、失敗作の盆栽を思わせる木が、そこかしこに生えていた。不規則に曲がりくねる枝が、季節はずれの雪化粧をして晴れ間に浮かび上がると、不思議な世界が広がった。その姿は、もがき苦しみ地中から出てきた化け物の手のようにも見えた。

 “巨大な悪魔”の正体は「シダレグリ」。長野県辰野(たつの)町小野の天狗原(てんぐはら)にある標高950~1200メートルの斜面、3・4ヘクタールに大小1千本以上が自生している。クリが突然変異して幹や枝の成長の過程が変化、奇妙な形に育つようになったものだ。

 普通、植物は日光を多く得るため上や外側に向かって育ち、日陰になる下の枝は枯れていく。しかし、シダレグリは地面に向かって垂れる性質も持っている。さらに、高い所にある先端の枝や芽が枯れ、横に伸びる枝が育つというひねくれ者。これが繰り返されて屈曲したユニークな姿ができあがる。

 枝が曲がる原理は、芽を剪定(せんてい)して枝の形を自由自在に整える盆栽作りと同じだった。

 大正9年、国の天然記念物に指定されたが、肝心の栗の実は小さくて食べられない。あまりにも奇異な風貌(ふうぼう)から、土地の人も手を出さなかったため繁殖できたとされている。

 はじめは不気味に感じた巨木群も、実は「自然の不思議」が作り上げた「天然の盆栽」だった。そうと分かれば印象は一変。巨大な悪魔は、急にへんてこでかわいらしい「癒やし系」に見えてきた。(写真報道局 桐山弘太)

 「探訪」の動画は「YouTube」http://www.youtube.com/sankeinews/でご覧になれます。

「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
マンション火災、幼児死亡=祖母と孫1人重体-川崎(時事通信)
急坂下る豪快な「木落し」=諏訪大社の御柱祭、最高潮に-長野(時事通信)
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら-リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)
愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)

「赤旗」配布無罪 東京高検が上告(産経新聞)

 共産党の機関紙「しんぶ赤旗」を配ったとして、国家公務員法違反罪に問われた元社会保険庁職員、堀越明男被告(56)について東京高検は7日、逆転無罪を言い渡した2審東京高裁判決を不服として最高裁に上告した。

北海道駒ケ岳 一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)
小沢氏「同志と連携、今後もやっていく」(産経新聞)
<発砲>福岡で会社に銃弾5発、ガラス扉割れる けが人なし(毎日新聞)
【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)
<交通事故>衝突2人死亡、身元分かる 長野の国道(毎日新聞)

宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)

 ◇貨物船で国際貢献
 「地球はどこか。ふっと上の窓を見たら、青く輝いていて、びっくりした。ガガーリンの言ったことが分かった瞬間だった」。毛利さんのシャトル初飛行の思い出だ。
 旧ソ連、米国、中国は有人宇宙船を開発したが、日本はシャトルに乗せてもらう道を選んだ。「シャトルがなければ、H2ロケットで有人飛行を目指したかもしれないが、かなり遅れていただろう」。
 毛利さんは「ソ米中の有人飛行は軍事戦略の一環だったが、日本は平和利用目的、科学技術のためにスタートさせた」と強調する。有人船がなくても、きぼうでの宇宙実験の質は世界トップであり、H2BロケットでISSに無人貨物船(HTV)を打ち上げることで、日本の存在感が増していると語った。
 ◇「宇宙飛行機」を
 シャトルが退役すると、宇宙船の主役はロシアや中国のカプセル型に逆戻りする。毛利さんは「とても惜しい」と話し、将来は地球上空と宇宙を自由に飛ぶことができる後継の「宇宙飛行機」を、日本も参加して国際協力で開発することに期待を示した。
 当面は、片道飛行で帰りは廃棄処分されるHTVを改良し、実験成果試料が入ったカプセルを地上に回収できるようにすることが、緊急の課題という。 

警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」-警視庁(時事通信)
「学校崩壊」原因で自殺は労災…大阪地裁判決(読売新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
<NHK>勝訴…受信料集金報酬減額に不当性なし 東京地裁(毎日新聞)
フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)
プロフィール

ほりかわひではるさん

Author:ほりかわひではるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。